スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火災保険について

どうもです哲人です。


関東に異常な現象が多数報告されていて、

大地震が発生するのでは?、と言われています。

また富士山でも異常現象が出ており、噴火が噂されています。

今の内に避難する準備をおすすめします。

自然災害が間近になれば、財産をどう守るか?が問題になります。


こんな時に役立つ保険は何か?

それは、火災保険です。

今日は、火災保険について触れます。

火災保険は、生命保険と違い、複数加入しても意味がありません。

どこかひとつの保険会社の商品を選ぶことになります。

建物と家財を別の保険会社にするという入り方はありますが・・・

色々ある火災保険のうち、どれを選べば良いでしょうか。

火災保険の選び方を考えてみましょう


1、火災保険の対象を決める

  住居が賃貸か自己所有かで、火災保険の対象が決まります。

住居分類 建物 家財
賃貸
不要 要検討
自己所有
必須 要検討
※賃貸の場合は、大家さんが火災保険に入ります。


2、建物の構造を確認する

  住居の構造を確認しましょう。

構造分類 内容
M構造
(マンション構造)
柱がコンクリート造りか耐火建造物
T構造
(耐火構造)
柱はコンクリート造りではないが、
耐火建造物か準耐火建造物
H構造
(その他)
H構造でもT構造でもない建物
※耐火建造物かどうかは、建築確認申請書をご確認下さい。


3、補償範囲を選ぶ

  一般的な火災保険の補償内容を一覧化しました。
  基本補償の選択は保険会社により異なりますので、注意が必要です。

補償範囲 内容
火災 失火やもらい火、放火などによる火災の損害を補償します。
※契約者または被保険者などが放火犯の場合、補償されません。
落雷 落雷による損害を補償します。
破裂・爆発 ガス漏れなどによる破裂・爆発の損害を補償します。
風災・ひょう災・雪災 風災・ひょう災・雪災の損害を補償します。
※風災:台風、旋風、暴風、暴風雨等をいい、洪水、高潮等を除きます。
※雪災:豪雪、雪崩(なだれ)等をいい、融雪洪水を除きます。
水災 台風や暴風雨などが原因で起こる洪水・高潮・土砂崩れなどにより建物が床上浸水、地盤面より45cmを超える浸水、または損害割合が30%以上となった結果被った損害に対して、保険金が支払われる。
※地震による津波を除きます。
落下・飛来・衝突等 自動車の飛び込みなどによる損害を補償します。
漏水などによる水ぬれ 給排水設備に生じた事故や他人の戸室で生じた事故に伴う漏水による水ぬれ損害を補償します。
※給排水設備自体に生じた損害は補償されません。
※老朽化、蛇口の閉め忘れによる損害、補償されません。
集団行動等に伴う暴力行為 集団行動などに伴う暴力行為・破壊行為による損害を補償します。
盗難による盗取・損傷・汚損 盗難による盗取(とうしゅ)や損傷・汚損などの損害を補償します。
不測かつ突発的な破損・汚損 誤って自宅の壁を壊した場合などの偶然な事故による損害を補償します。
※すり傷などの外観上の損傷または汚損であっても、その機能に支障をきたさない損害は補償の対象となりません。


4、建物・家財の保険金を決める

  保険金額の設定にあたり、対象となる建物や家財などの評価額どおりに
 保険金額を設定するのがおすすめです。

   評価額を決める基準を『評価基準』と言い、
  評価基準には『再調達価額(新価)』と『時価』の2種類あります。

 火災保険を契約する場合、この評価基準の2種類のうち、
 どちらかを選ぶことになります。

再調達価額 内容
新価 保険契約の対象である物と同等の物を再取得するために必要な金額
現在住んでいる建物、または所有の家財と同等の物を新たに建築、あるいは購入するのに必要な金額。
時価 評価額から使用による消耗分を差し引いた金額


5、保険の期間を決める

  保険をかける期間を決定します。

  人気保険期間ベスト5
順位 契約年数 メモ
1位 5年 地震保険の長期契約が最高5年なので、火災保険と地震保険の保険期間をそろえる方が多いようです。
2位 1年
3位 10年
4位 35年 住宅ローンの期間と火災保険の保険期間をそろえているようです。
5位 2年


6、地震保険の加入有無を決める

  火災保険では、地震・噴火・津波による火災損害は補償されません。
  
  地震保険は、火災保険に付帯する方式での契約となります。
 
  日本は、地震多発国なので、加入しておく事をおすすめします。
 

7、加入する保険会社を決める

  加入する保険会社を選びます。
  
  人気火災保険 総合ベスト10
順位 保険名称 保険会社 特徴
1位 スイートホームプロテクション AIU保険 ・基本補償以外は自分で選べる
・保険料割引の種類が充実している
・新価(再調達価額)実損払で安心できる
2位 トータルアシスト住まいの保険 東京海上日動 ・取り扱っている保険代理店が多い
・有料無料のサービスが充実している
・免責金額を自分で選ぶことができる
3位 THE すまいの保険 損保ジャパン ・補償内容が充実している
・保険料を抑えることができる
・生活トラブルのサポートを受けられる
4位 未来住まいる 富士火災 ・特約で補償を更に充実することができる
・サポートサービスは24時間利用可
・ネットから手続きができる
5位 すまいの総合保険フルハウス 日本興亜損保 ・6年以上の長期契約ができる
・賃貸住宅入居者向けの家財保険がある
・住まいの安心サービスが含まれている
6位 住宅安心保険 日新火災 ・日常生活のサポートも可能
・罹災時に現場までかけつけてくれる
・ライフスタイルに合わせて設計できる
7位 ホームアシスト 朝日火災 ・商品ラインナップが充実している
・積立型の商品も用意されている
・賃貸住宅向けの家財保険がある
8位 GKすまいの保険 三井住友海上 ・契約者限定の無料サービスがある
・オプションで選べる特約が充実している
・賠償事故の示談交渉も任せられる
9位 タフ・すまいの保険 あいおいニッセイ同和損保 ・複数のプランから選ぶことができる
・住まいのサポートが充実している
・長期契約で保険料が割安になる
10位 じぶんでえらべる火災保険 セゾン自動車火災 ・自由に補償を選べる
・時価でなく新価でお支払い
・家財の保険金額も選べる
10位 セコム安心マイホーム保険 セコム損保 ・3プランから選べるシンプルな保険
・様々な特約を自由に選択できる
・様々な割引が用意されている


↓↓保険無料相談を申し込む↓↓

無料保険バナー

スポンサーサイト

地震保険について

どうもです哲人です。

今日は、地震保険について書きます。

地震保険は、東北大震災以来、加入者が大幅に増えたそうです。

1、地震保険の定義

地震もしくは噴火またはこれらによる津波を直接 または、
間接の原因とする火災、損壊、埋没または流失によって、
生じた損害が全損、半損または一部損となった場合、
保険金が支払われます。


火災保険では地震・噴火・津波を原因とする火災などの損害については、
地震火災費用保険金を除き保険金は支払われません。


※地震等による損害については、別途地震保険を契約する必要があります。


2、地震加入時の留意点

■地震保険の対象となるもの
居住用の建物および家財

※自動車や1個または1組の価額が、
30万円を超える貴金属類等は除かれます。

■地震保険の保険金額
住まいの保険金額の30%~50%に相当する額の範囲内で、
地震保険の保険金額を定めます。

※他の地震保険契約と合算して建物5000万円、
家財1000万円が限度となります。

※マンション等の区分所有建物の場合は、
各区分所有者ごとにこの限度額が適用されます。

3、人気の地震保険

■建物を対象とした地震保険
保険会社名 保険名 保険料 期間 保険金額 特徴
SBI少額短期保険 Resta
(リスタ)
1,210~ 1年 300~900万円 火災保険や家財保険とセットにせず、
単独で入れる地震補償保険です
(家財は、補償されません)。

※保険料は都道府県、建物構造、設定した保険金額により異なります。


↓↓保険無料相談ランキングから申し込む↓↓

無料保険バナー

火災保険、10年超引き受け停止へ

どうもです哲人です。


火災保険の契約期間が短縮される見込みです。

今日は、その話題について書きます。


■火災保険は、最長10年に

 損害保険大手が、10年を超える期間の火災保険の新規契約引き受けを、

来年秋にも停止する方針を固めたことが13日、分かりました。

異常気象による建物被害が増加傾向にあり、

長期契約での収支予測が難しくなったためです。

現在、最長で36年の保険契約は、
制度変更後に最長10年となります。


保険会社2

 火災保険は住宅や店舗などの建物が対象で、火災や風災のほか、

洪水や土砂崩れによる水災で受けた建物の被害を補償しています。

最大手の損害保険ジャパン日本興亜や三井住友海上火災保険などの主要社が、

10年を超える新規契約を「来年度にはやめる」方向で最終調整しており、

業界各社に広がるでしょう。

制度変更の時期は来年10月になる見通しです。

ただし、すでに契約済みの保険は引き続き有効だそうですから、

『入るなら今』ですね。


■理由は異常気象!?

 短縮の理由は、異常気象の増加です。

集中豪雨の頻発や都心部での大雪などによる住宅への被害が増え、

保険会社は保険金の支払いが増えて火災保険の事業収支が悪化。

「将来の収支予測が難しくなった」為だそうです。

保険会社1


■実際は、過去最高益!?

 一方で、東京海上ホールディングス(HD)など損害保険大手3グループが、

5月20日に発表した平成26年3月期連結決算は、

自動車保険事業の収支改善や株高による保有株の評価額上昇などで、

3グループがすべて過去最高益を更新したそうで、

『儲かっているのに支出は抑えたい』という体質が浮き彫りになっています。


 儲かっているのに、損失の出そうな箇所は、

早めに制度改正しようとしているようです。

何だかね~

保険会社の為の保険じゃないはずですけどね。

しかし、万一の事考えると、加入しておいた方が良いですよ。

保険会社3

保険会社4

無料保険バナー


自動車事故、修理に車両保険使うといくら損する?

どうもです哲人です。


今日は、車両保険について書きます。

1、車両保険が使えない?
 
 以前、車をぶつけて修理に出した時、ディーラーに

『保険を使わない方が良い』

と言われて、結局自分で修理代を払いました。

3万円ぐらいでしたが、本当に保険を使わない方が得なら、

車両保険に入る意味がないのでは?と思いました。


皆さんにもこんな経験ないですか?

車両へこみ1

2、本当に自分で払った方が安い?

 自動車保険は1年間使わなければ翌年の等級が1つ上がり、
それと共に保険料が安くなる事はご存知と思います。

しかし、事故を起こして保険を使うと、
翌年の等級が下がり、保険料は上がります。

 では、自分で車をぶつけた時の修理代を車両保険で支払ったら、
どうなるかシミュレーションしました?

当方が加入していた自動車保険の保険料は年間6万円です。

 保険を使わない場合、今後4年間に支払う保険料の総額は約25万円です。

一方、3万円の修理代を保険で支払ったとすると、
約32万円にも跳ね上がります。

何と7万円も差分が出ます!!

保険を使っていれば、目先のお金は払わなくて済むけれど、
後々の保険料負担が重たくなります。

つまり、保険を使わずに自分で3万円払って修理をしたほうが、
その後の保険料は安くなるから、トータルではお得だったのです。

車両へこみ2


3、免責金額を考えて加入

 自分で、ぶつけて車を修理する場合、
「車両保険に入っているから、車両保険で直そう」
と安易に考えてしまいそうですが、

まずは、今加入している保険会社に、
「車両保険を使ったら、どれぐらい保険料が増えますか?」と確認しましょう。

その後に支払う保険料も計算した上で、
保険を使うか自己負担でいくか決めても遅くはないです。


車両保険に加入する際、免責金額を決めておくと良いです。

免責とは、保険会社から支払いを免れる金額という意味です。

例えば5万円以下は、車両保険を使用せず、
自己負担にするという具合です。


車両へこみ3

↓↓保険無料相談を申し込む↓↓


無料保険バナー



自動車保険について

どうもです哲人です。


今日は、自動車保険について書きたいと思います。

自動車保険って、奥が深いですね~。

調査すれば、するほど深みにはまっていきます(笑)。

これだけで、サイトが一つできそうなほど難しいので、
簡単にまとめました。

1、自動車保険の基礎

 自動車保険には、

・自賠責保険(強制保険)
・任意保険

があります。

 (1)自賠責保険
    自動車による人身事故の被害者を救済するため、
   加入が法で義務づけられている保険の事です。

    違反すると、以下のような罰則があります。

違反内容 罰金 減点数
自賠責保険 未加入、期限切れ
50万円 6
(免停)
自賠責保険 不携帯
30万円 無し
※不携帯は、見逃してもらえる事もあるが、基本的には罰則対象。

    事故を起こして、相手を傷付けた場合、
   事象により、以下のように保険金が支払われます。

事象 支払限度額
死亡 3,000万円
ケガ 120万円
後遺障害
第1級 4,000万円 又は 3,000万円
第2級 3,000万円 又は 2,590万円
第3級 2,219万円
第4級 1,889万円
第5級 1,574万円
第6級 1,296万円
第7級 1,051万円
第8級 819万円
第9級 616万円
第10級 461万円
第11級 331万円
第12級 224万円
第13級 139万円
第14級 75万円
※被害者が複数いる場合、一人ずつ支払われる。

 (2)任意保険
    名前の通り任意です。
   しかし、もし自動車で交通事故を起こし、万が一相手に重い後遺症が残ったり、
   死亡させた場合等は、億単位の高額の賠償金が課せられる場合もあります。

   任意保険に加入していないと賠償金を払えず、家を売却したり自己破産したりと、
   人生を棒に振る可能性も十分に考えられます。

    また、自分の人生だけではなく、賠償金を支払えないことによって、
   被害者の人生も大きく狂わせてしまうのも問題です。

   任意保険(特に対人・対物賠償は)に加入することは、
   車に乗る上で、最低限度のマナーと考えて下さい。

保険種類 内容
対人賠償保険 他人にケガをさせてしまったり、 死亡させてしまった場合を対象とした保険。
対物賠償保険 他人の車や壁、ガードレールなど、 物を破損させてしまった場合を対象とする保険。
搭乗者傷害保険 運転手を含む、すべての同乗者を対象とした、 ケガや死亡した場合に支払われる保険。
自損事故保険 他の誰も巻き込まずに、 自分だけで起こした単独事故の場合に適用される保険。
無保険者傷害保険 相手が対人賠償保険に加入していない場合や、加入していても保険金が少なく、 賠償金を支払う能力が無い場合に適用される保険。
人身傷害補償保険 ケガをした場合の治療費等を、 自身の過失部分も含めて全額負担してもらえる保険。
車両保険 自分の車が破損した場合を対象とした保険。
※任意保険は、車単位での契約が基本です。


2、おすすめ自動車保険

 「自動車保険ってあまり利用しないのに高いな」と思いますよね。

自動車保険は万一に備えて必要ですが、
保険料はできるだけ抑えたいというのが本音でしょう。

少しでも安い自動車保険に乗換えを検討しているなら、
直販型の自動車保険が良いです。

生命保険と違い、自動車保険は直販型の方が安くなるからです。

インターネット経由で申し込めば同じ補償で、
価格が3~4割下がるケースもありますよ。

順位 名称 特徴 おすすめ度
1位 ソニー損保 ダイレクト自動車保険の販売で11年連続売上No1。
走行距離に応じた保険料体系を採用。
2位 チューリッヒ 優良なドライバーや年間走行距離が5,000kmに満たない場合はかなり割安。
ロードサービスの充実度は数ある自動車保険の中でもトップクラス。
3位 アクサダイレクト リスク細分型の自動車保険を採用、直販に特化することで格安の保険料を実現。
事故の際は、24時間事故専用窓口で受け付け、対応は一事故専任チーム制を採用。
4位 SBI損害保険 自動車保険の自動車保険料ランキングで5年連続1位を獲得。
距離制限がないレッカーサポート、無制限の対人賠償(死亡)。
5位 セゾン自動車火災保険 事故率が低い40代・50代の保険料が割安になる保険料体系を実現。
事故対応満足度は93.9%と非常に高い。
6位 イーデザイン損害保険 独自に開発した新しい保険料の計算方式を導入し、保険料を低価格化。
事故の際は、専任の担当者と各分野のプロフェッショナルがフォローする一事故専任チーム制を採用。
7位 三井ダイレクト
損害保険
ダイレクト販売に特化する事で割安な保険料を実現。
事故の際は、1事故1名の専任担当者がつき対応してくれるほか、示談交渉等も代行。
8位 アメリカンホーム 保険会社の中で最高の保険財務力A+を付与されている世界的な保険会社。
無料ロードサービス「ダイレクトレスキュー」のサービスが充実している。


↓↓保険無料相談を申し込む↓↓

無料保険バナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。