「保険の仕組み 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険の仕組み

どうもです哲人です。

今日は、保険の仕組みについて書きたいと思います。

総合保険代理店の保険相談には、

○訪問型
○来店型

があります。

さらに従来の保険との違いがわかるように図を用意しましたので、
ご紹介しますね。

1、訪問型 保険相談の仕組み

訪問型仕組み

【相談の流れ】

①お客様が、ホームページ(以下サイト)から保険相談を申し込みます。

②保険相談のサイトは、お客様担当域の登録FPに紹介します。

③登録FPからお客様へ日時、場所の設定を行います。

④登録FPが、お客様指定の場所に行き、保険相談を行い、
必要に応じてアドバイスします。

⑤FPが、お客様の希望に沿い、複数の取り扱い保険会社の商品の中から、
最適な保険を選び、プランニングします。

⑥お客様とFPで、保険内容について合意すると、保険契約します。

⑦FPが保険会社と契約の手続きを行います。

⑧保険会社より、お客様の元へ保険証書が送られます。


2、来店型 保険相談の仕組み

来店型

【相談の流れ】

①お客様が、サイトあるいは、
最寄りの店舗から保険相談を申し込みます。

②保険相談の日時を決定します。
店舗に来店された場合、空きがあれば、
その場で相談可能です。

③お客様が相談日に来店致します。

④アドバイザーが、保険相談を行い、
必要に応じてアドバイスします。

⑤アドバイザーが、お客様の希望に沿い、
複数の取り扱い保険会社の商品の中から、
最適な保険を選び、プランニングします。

⑥お客様が、保険内容について合意すると、保険契約します。

⑦アドバイザーが保険会社と契約の手続きを行います。

⑧保険会社より、お客様の元へ保険証書が送られます。


◎ポイント

訪問型と来店型の違いは、

○訪問型はFPが、お客様の都合に合わせて、待ち合わせ場所に行きます。
来店型は、お客様が保険ショップに足を運びます。

○訪問型は、専門の資格を持ったFPが対応する事が多く、知識や経験が豊富です。
来店型は、専門の資格を持たないアドバイザーが、対応する事が多いです。

※保険相談の会社によって事情が異なりますので、ご確認下さい。


3、従来型の保険の仕組み

従来型保険

【相談の流れ】

①お客様が、サイトあるいは、
電話から保険相談を申し込みます。

②保険相談の日時を決定します。
自宅や職場にセールスレディが行きます。

③セールスレディが、自社の保険内容の概要を説明します。

④お客様が、保険内容について合意すると、保険契約します。

⑤セールスレディが、契約の手続きを行います。

⑥保険会社より、お客様の元へ保険証書が送られます。


◎ポイント

総合保険代理店との違いは、

○お客様の希望に沿って、保険を選択する余地が無い事です。

○売上アップの為に、お客様に不要とわかっていても、
抱き合わせで契約する事が多いです。

○専門的知識や経験が余りなく、詳細な説明よりも
感情に訴えるプッシュ型営業が多いです。



結論として、
総合保険代理店の方が、

○中立的な立場でアドバイスしてくれる。
○保険の選択肢が広い。
○不要な保険が付かないので、保険料が節約できる。


ので、おすすめです。

※保険料自体は、保険会社と直接契約を結んだ場合も、
総合保険代理店を通じて契約を結んだ場合も同額です。



↓↓保険無料相談ランキングから申し込む↓↓

無料保険バナー


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。