スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[御嶽山噴火]噴火は免責で保険金なし!?

どうもです哲人です。


 人は、「まさか」の時の災難に備えて保険に入る。

ところが、それが天災だった場合は、

保険金が出ないこともあるのをご存知だろうか。


この噴火でも「生命保険」と「損害保険」では、

明暗がはっきり分かれてしまったという。

これは、黙っていられませんよ!

過去の地震でも支払ったから、当ブログでも勧めてきたのですから!

御岳山1

1、生命保険は、どうか?

 今回の御嶽山の噴火は、政府による災害救助法の適用が決まりました。

これを受けて、免責事項を不適用とする決定がされた。

お亡くなりになった方も、

ケガをされて入院や治療が必要な方も、

契約どおりに支払われたそうです。



2、損害保険はどうか?

 災害に遭った場合、まず考えられるのは傷害保険がありますが、

今回のような噴火となると特約をつけなくてはなりません。

“天災危険担保特約”というのがあり、

それがないと保険金の支払いは受けられません。

また、家財の場合は、火山灰や火山弾で家が燃えることが考えられますが、

これも別途地震保険に入っていないと補償は受けられないそうです。


「な、何てこった!

せっかく火災保険に加入していたのに受けられないとは・・・」

という嘆きが聞こえてきそうです。

やはり保険は怖いです。

しっかり確認しないと本当に痛い目に合いますよ。

御嶽山15
死者は、50人を超え、神社や山小屋は、壊滅的な被害を受けたのに。


3、生保と損保の違いは何?

そもそも生保は“人”、

損保は“モノ”に対する保険


という成り立ちの違いがあります。

損保にも傷害保険のように人を対象とした保険がありますが、

国民の8割が入る生保のほうが社会的な影響が大きい。

それもあって、生保は過去に阪神淡路大震災や

東日本大震災の際に特例として保険金を払っています。

これは政府の要請もあったと言われていますが、

今回も、前にならって支払いを決めたようです」

守るべき家族がいたら生保、

それ以外は損保なんだそうです。


「被害に遭われたのに保証受けられない方は、、

本当にお気の毒です。」

↓↓保険を検討される方は、無料相談をご利用下さい。↓↓

無料保険バナー


スポンサーサイト

御嶽山の噴火に学ぶ

どうもです哲人です。


 長野と岐阜の県境に位置する御嶽山(おんたけさん)が、

噴火し、多数の死者、負傷者が出ています。

御嶽山1

こういった自然災害から逃れるには、どうしたら良いか?

富士山噴火が噂されている昨今、私達はこの災害から、

多くの事を学び、対処する必要があります。


1、前兆現象は出ていたのか?

 11日には、有感地震が1日で85回もあり、

明らかに異常は出ていました。

さらに地元住民は、「雷の音とはまた違うゴロゴロとした音、

温泉がわき上がるようなブクブクした音」を聞いたそうです。


動物達は、きっと異常を感知し、アクションを起こしていたはずです。

カラス1
カラスが、危険を教えてくれているかのように騒いでいたはずです

 しかし、人間は何も対処しなかった。

何故でしょうか?

気象庁などの観測・警告する機関が、何も警報を出していなかったから?

勿論それもあると思いますが、

最終的には、自分で異常を感じ取り、対処しなかったからです。


2、何故、警報レベルは最低(1)だったのか?

 気象庁は、噴火が発生した1時間後まで、

警報レベルを最低の1にしていた。

気象庁や名大、長野県などは、

地震計12台、カメラ2台、傾斜計1台のほか、

地殻変動観測装置も5カ所に設置していました。

しかし、その状態で、噴火を予測出来なかったのです。

噴火には、

 ①マグマ爆発
 ②水蒸気爆発


があり、マグマ爆発は、

「火山性微動」があり、これを噴火の前兆現象の拠り所にしていたのです。

ところが、今回のような水蒸気爆発の場合は、

「火山性微動」があるとは、限りません。

御嶽山13

今回の噴火の際には、10分前に「火山性微動」があったそうですが、

それでは、対処は間に合いません。


3、富士山で水蒸気爆発が発生したら予知できるのか?

 もし、水蒸気爆発が、噴火が噂されている富士山で発生したら、どうでしょうか?

富士山1

おそらく気象庁は、今回と同様に噴火を予測できないでしょう。

何故ならば、「火山性微動」が発する低周波地震の観測に頼っているからです。


「木を見て森を見ない」現在のやり方では、予知に限界があります。

富士山2

富士山は、夏場は1日に5万人を超す登山者で賑わい、

もし、この時期に噴火が起きれば、大きな被害が予想されます。

富士山3

4、どうしたら自然災害から逃れられるのか?

 自然災害には、必ず前兆現象があります。

御嶽山の噴火でも一日に85回の地震があったり、

雷のような音や温泉がわき上がるようなブクブクした音があったわけです。

このような重要なサインを見逃さない事が第一歩です。

本能で生きる動物達は、いち早く危険を感じて、行動した事でしょう。

動物達を観察しても良いですね。

気象庁などが発する警報は、あくまで参考程度にすべきです。

それに頼らず、自分で観察し、最終的な判断は自分で下す。

という事が大事になります。


被害にあっても、気象庁は何ら保証などしてくれませんよね?


5、自然災害の準備は何をすれば良いのか?

 「危ないな」と感じても、行かねばならない事があります。

仕事で行かなければならない場合です。

例えばレスキュー隊員です。

レスキュー隊員

彼らも危険を承知で、人命の救助を行っています。

山小屋関係者やガイドもそうです。

お客様から予約を頂いている以上、余程の事態でない限り、

行かざるをえません。

富士山4

もし、ガイドさんが、「噴火する恐れがあるから今日は中止にします。」

と言っても予約を受け付けた会社は、

気象庁が警報レベルをあげてなければ、認めないでしょう。

そのような状況では、必要な準備をするしかないでしょう。

・ヘルメット
・水
・タオル
・応急処置セット

などです。

自然災害1

今回のケースでは、灰と共に無数の噴石が飛び散り、

頭部などに当たり、致命傷になった方もいるそうです。

頭を守るヘルメットは必要不可欠です。

水に濡らしたタオルを口元にあてる事で、

灰や有毒ガスから身を守る事ができます。

酸素マスクがあれば最善ですが、

通常はそこまで用意できないでしょう。

それでも負傷にしてしまうケースがありますので、

応急処置ができる医療用具は必要です。


 そして、何と言っても日頃から、

このようなリスクに備え、保険に加入しておく事も大事です。

建物には火災保険、身体には傷害保険が必須です。

「転ばぬ先の杖」を常に心がけていれば、

万一、被害に遭遇しても後悔しなくて済むでしょう。



↓↓保険を検討される方は、無料相談をご利用下さい。↓↓

無料保険バナー


大地震が起きるって本当ですか? part2

どうもです哲人です。


 先日、書きました大地震の記事は反響も大きかったです。

今日は、大地震の際には、前兆現象があるそうなので、

その辺を中心に書きます。


1、発生する地震の規模は、どのくらい?

 関東大震災が発生したのは、1923年でした。

その前に発生した大地震が、安政大地震で、1855年でした。

その間が、68年。

関東大地震から90年経過しており、そのエネルギー量は、

関東大震災を上回るのでは?と言われています。


 昨日、ご紹介しました東大名誉教授の村井教授は、

「東北大震災以来の規模」と推測しています。

前兆現象4

もし、内陸部でM9規模の直下型地震が発生したら、

どんな建物も耐えられないでしょう。

勿論、震源地にもよりますが・・・

 仮にM7クラスであれば、建物の倒壊よりも

二次災害である火事が問題になるでしょう。

要するに発生場所と規模により被害内容が、

左右されるというわけです。



2、地震の前兆現象とは?

 過去に発生した地震の前には、様々な前兆現象が報告されています。

これを知っておくだけで、全然違います。


(1)深海魚の捕獲、魚の大量死
前兆現象22

前兆現象21
そう言えば、静岡方面で上記現象が、今年既にありましたね。

魚の大量死もありました。
その時は、PM2.5のせいではないか?と言われましたが・・・


(2)地震雲
前兆現象20
竜巻雲と言い、震源方向がわかります。
逆方向に避難?

前兆現象19
これも、その一種でしょうか?
まるで、龍が舞っているようにも見えますね。

前兆現象6
これは、何でしょう!?
まるで、宇宙船が舞い降りたようですね。

前兆現象1
空に異様な入道雲?が出現します。
まるで、空が火事になったように(筆者も過去に目撃しています)


(3)赤く染まった満月
前兆現象18
大地震が発生する時は、何故か満月の夜が多いようです。
トマトのように真っ赤に染まった満月。(阪神大震災の1週間前に出現)


(4)赤い太陽
前兆現象9
太陽も赤く染まるそうです。


(5)生物の異変
前兆現象8
ニュージーランドの大地震前に起きたくじらの大量自殺?

前兆現象11
なまずも活発に活動するそうです。


(6)異常現象
前兆現象5
日本沈没の映画では、ありません。


仕事は大事です。

けれども命あっての仕事です。

「これは、危ないな」と思ったら、我が身や家族を守って下さい。


その為には、前兆現象をしっかり把握し、避難する事が大事です。


3、避難する場所は?

 最寄りの避難場所を確認しておいて下さい。

通常は、公園や学校などが、避難場所に指定されているはずです。


 安全な県に予め避難する方もいるかもしれません。

しかし、日本は地震列島と言われていますので、

「ここなら絶対に安全という県はありません。」

 海外に脱出する方もいるかもしれません。

経済的にも余裕のある方で、自由が利くならその方が良いかもしれません。

けれども、通常は仕事があり、休めば収入が無くなりますので、

誰でも出来るわけではありません。

どう対処するかが、あなたの運命を左右します。


4、準備は、早めにしよう

 先日、筆者はスーパーに行って、

1週間分の食料と水を購入してきました。

「思い立ったが吉日」と言いますからね。

後で、「ああ、あの時に準備しておけば良かった。」

と後悔だけはしたくないですから。


足りない備品を買い揃えれば、私の準備はOKです。

地震保険は、賃貸ですし、高価な物も無いので、

正直迷っています。


PS

東北大震災は、あれほどの大地震だったので、

きっと前兆現象は、半年前あたりから頻繁に出ていたと推測します。

自然を相手にしている漁師さんなどは、きっと気付いていたはずです。

もし、この記事を読まれた方で、「こんな前兆現象見たよ」

という方おられましたら、掲示板に書き込んで下さい。

お願いします。

掲示板へは、メニューから行けます。

↓↓地震保険を検討される方は、無料相談をご利用下さい。↓↓

無料保険バナー


大地震が起きるって本当ですか?

どうもです哲人です。


今月に入って、

北関東で震度3以上の地震が6回と頻発しています。

これは、大地震の前兆ではないか?と指摘する方がいます。


大地震は起きるのでしょうか?

今日はその話題と、地震への備え方を書きます。

地震1


1、大地震は起こるのか?

 東京大学名誉教授の村井俊治(むらい しゅんじ)氏が、

メールマガジンで巨大地震の発生を警告しました。

村井教授が発行している「MEGA地震予測 9月3日号」によると、

7月6日から今日まで日本の広範囲で数センチ規模の地殻変動が観測されたことから、

来年初めごろまでに大きな地震が、

起きる可能性が極めて高いそうです。



2、村井教授の予測は当たるのか?

 彼の地震予測は、現時点では「100%」とは言い切れないようですが、

大きな異変に関してはほぼ全て的中しています。

16日の北関東の地震も予測していたそうです。

村井氏は全国に設置されているGPS観測網を利用して地震予測をしています。


 何と!その村井教授が、

「最新のデータでも神奈川県などで、

7センチを超える地殻変動が捉えられており、

これは東日本大震災以来の規模になる」

と警鐘を鳴らしています。



地震2


3、どう備えれば良いか?

 では、大地震が来ると想定して、今から準備しましょう。

大規模な地震が起きると、電気、ガス、水道というライフラインが止まる。

市町村の活動も3日くらいは止まる可能性が高いので、

3日~1週間は自力で耐える必要があります。


室内装備、携帯品、食料、水が必要不可欠になります。


【室内装備】

①家具の固定
 タンスなどが倒れないように固定具を付けましょう。



②窓ガラスに飛散防止フィルム
 窓ガラスが、飛散しないようにフィルムをはっておきましょう。


【携帯品】

①ラジオ、乾電池
 避難情報を収集しましょう。

②寝袋
 毛布などは、かさ張りますので、寝袋が良いでしょう。

③ライト
 停電になる可能性がありますので、必需品です。

④ローソク、マッチ
 避難場所が確保できれば、ローソクやマッチも必需品です。

⑤医薬品
 持病がある方は、持病薬。
 包帯やバンドエイドなども必要でしょう。

⑥箸、スプーン、食器(紙、ビニール製が便利)
 食事を取る際、必要です。

⑦履物
 本来は、シューズが最善ですが、急な場合に備えて、
サンダルを用意しておくのが良い。(ガラスを踏まない為)

⑧テイッシュペーパー
 用途が多く、必需品

⑨筆記用具
 連絡先をメモしたり、伝言を頼む場合にも必要。

⑩ナイフ
 缶切りが付いた物が良いでしょう。

※これさえあれば大丈夫!



【食料・水】

①水・お茶
 一日に2リットル必要と言われますが・・・

②缶詰
 ガス、電気が使用できない事を想定しましょう。

③ビスケット・乾パン
 日持ちする物が良いです。

※1週間分は、用意しましょう。


まず、

命の確保が最重要課題なので、上記を用意しましょう。

そして、ある程度収まれば、次は復旧になります。

持ち家の方は、火災保険だけでなく、地震保険に加入していないと

補償対象になりません。


家屋の全壊・損壊に今から備えておきましょう。

賃貸住まいの方は、家内道具について地震保険の検討を行いましょう。


↓↓どの保険に入れば良いか?わからない方は、無料相談をおすすめします。↓↓

無料保険バナー


スポーツでケガを負った場合、保険の対象になりますか?

どうもです哲人です。


 テニスの錦織選手が、日本人男子としては、
96年ぶりに全米オープンでベスト4に進出しました。

錦織圭1

しかも、4時間を超える激闘の末の勝利だそうで、
「素晴らしい」という言葉しか思いつきません。


 さて、スポーツをしている時に何らかのケガをしてしまった場合、
保険はどのように適用されるのでしょうか?

対象となる保険は、傷害保険になります。

1、傷害保険の特徴

・簡単な告知のみで加入することができる。
・持病や大きな病気をしたことがある人でも加入できる。
・年齢によって保険料が変わらない。
・医療保険より基本的に安価である。
・ケガでの通院が補償される。
・ケガや事故での死亡時の補償をつけることができる。
・自分が第三者にケガをさせた場合の賠償責任補償をつけることができる。
・カメラやスポーツ用品等の携行品の破損・盗難等の補償をつけることができる。

※『特約』という様々なオプションを付ける事も可能です。


2、傷害保険の対象は?

 傷害保険は、どんな「ケガ」でも対象とするわけではありません。

『急激かつ偶然な外来の事故』によるケガ
と定義されています。

これらの条件を満たす事故としては、

・交通事故

・運動中の打撲・骨折、転倒

・火災・爆発事故

・作業中の事故

です。

スポーツが原因として、整・接骨院で保険が使えるのは、
負傷原因が明確な急性・亜急性(急性に準ずる)の外傷性の不詳
具体的には、「骨折・脱臼、捻挫、打撲、肉離れ」に限られています。

【1】 医師の同意がある骨折、脱臼の施術
【2】 応急処置で行う骨折、脱臼の施術
【3】 外部からの要因による、捻挫、打撲、挫傷(例・スキーでの捻挫、
自転車での転倒打撲、タンス移動による腰の痛み等)
等です。


3、傷害保険の補償例

 テニスを例に考えてみます。

 (1)テニス肘は?

テニス2

   スポーツによる障害であって、外傷ではないので、
  適用外となります。

 (2)肉離れは?

テニス3

  肉離れは、急性の外傷になるので、適用されます。

  ただし、慢性的な肉離れは、確認が必要です。
  (急性ではないので)

 (3)膝の靭帯断裂と半月板のケガは?

テニス1

  これも、適用されます。

  ただし、慢性的な膝の治療は、確認が必要です。


スポーツをする事は、体力の維持・増進になりますので、
大いにおすすめします。
(大きな病気の予防にもなります)

しかし、万一に備えて傷害保険も、
加入する必要があります。

傷害保険は、月々の支払も少額で済みますので、
ご検討下さい。

↓↓保険無料相談ランキングから申し込む↓↓

無料保険バナー


デング熱で入院したら、どの保険で補償されるのか?

どうもです哲人です。


デング熱感染拡大が話題になっています。

感染者は日に日に増える一方です。

デング熱15


1、デング熱に感染すると、どうなる?

感染経路は、人から人へは移らないそうです。

蚊を仲介して感染します。

テング熱7

感染すると、高熱や湿疹が身体中に出るそうです。

テング熱2

この場合、病院に隔離され、治療しないと重症化します。

最悪の場合、死に至る事もあるそうなので、
決して侮ってはいけませんよ!


1週間から10日程度、対処療法を受けると、
退院できるそうです。



2、入院費は、どの保険で補償される?

もし、あなたがデング熱に感染し病院にかかったら、
どの保険で保障されると思いますか?

入院したら医療保険の入院保障が対象になるのは、当然ですね。

生命保険の入院特約も大丈夫でしょう。



傷害保険は、どうでしょう?

傷害保険の定義として、『急激かつ偶然な外来事故』というのがあります。

突発的に予知できない外部からの作用によって、
怪我などをした場合に補償になるのが傷害保険です。

デング熱に感染するって、『急激かつ偶然な外来事故』に該当するのでしょうか?

いくつか似たような例を検討してみましょう。


(1)熱中症はどうか?

残念ながら予知できなくもないので、普通の傷害保険では補償されません。

ただし一部、補償になる保険もありますので、要確認ですね。

腱鞘炎や腰痛などは急激というよりも長年の蓄積による炎症ということで対象外です。

しかし、ぎっくり腰は急激ということで一度に限り補償される場合があります。


(2)食中毒は、どうでしょうか?

『急激かつ偶然な外来事故』という定義に該当するので、
補償されると思うのですが補償されません。

ちょっと前までは細菌性は×でウイルス性は〇でした。

しかし、数年前に約款が改定され補償対象外になった保険会社が多いそうです。

その改定に合わせて新たに出来た特約が『特定感染症危険担保特約』。

今、騒がれているエボラ出血熱や鳥インフルエンザ、SARS、
O-157などの特定の感染症を補償する特約です。


(3)デング熱はどうか?

デング熱もこれで補償されるんじゃないかと思い、調べてみました。

すると『特定感染症は「感染症法」に規定する感染症のうち、
一類感染症から三類感染症まで』ということがわかりました。

デング熱は何類なのか調べると、



四類感染症でした。

残念ながら補償されません。

対象となる感染症は損害保険協会のHPに書いてましたので、
気になる方は下記をクリックして、確かめてください。

損害保険協会のHPを確認する

※海外旅行でデング熱に感染した場合は、
海外旅行保険で補償されます。


海外でデング熱に感染した人のブログ


『備えあれば、憂いなし』

現在加入している保険で、大丈夫ですか?

一度、保険の無料相談を受けて、見直しされることをおすすめします。

↓↓保険無料相談ランキングから申し込む↓↓

無料保険バナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。